お問い合わせ
アクセス
TOP 障害年金 傷病一覧 メリット プロフィール 牧野会計事務所

障害年金の種類

障害年金には3種類があります。

① 「障害基礎年金」…………………国民年金加入者又は加入者だった人

② 「障害厚生年金」…………………厚生年金加入者又は加入者だった人

③ 「障害共済年金」…………………共済組合加入者又は加入者だった人

①障害基礎年金
「障害基礎年金」は、自営業や主婦の方など国民年金に加入している人が
1級または2級の障害状態と認定されたときに支給されます。
②障害厚生年金
「障害厚生年金」は、サラリーマンなど厚生年金に加入している人が
1級?3級の障害と認定されたときに支給されます。
3級より軽い障害には障害手当金が受給できます。
厚生年金では、障害が残った場合、国民年金とは異なり、3級と手当金もあるのです。
③障害共済年金
「障害共済年金」は、公務員など共済組合に加入している人が
1級?3級の障害と認定されたときに支給されます。
3級より軽い障害には障害一時金が受給できます。

プラスαの年金
国民年金加入者は「障害基礎年金」だけですが、厚生年金や共済年金加入者は「障害基礎年金」に上乗せして
「障害厚生年金」「障害共済年金」が給付になります。

国民年金は1級、2級のみしかありません。

年金の構成を整理すると、次の10種類になります。
○障害基礎年金 1級 ○障害基礎年金 2級
○障害厚生年金 1級 ○障害厚生年金 2級 ○障害厚生年金 3級
○障害手当金
○障害共済年金 1級 ○障害共済年金 2級 ○障害共済年金 3級
○障害一時金

受給の3つの要件
障害年金には3つの要件を満たしていなければなりません。
受給要件①
障害の原因となった病気やケガの初診日(初めて医師などの診察を受けた日)が、
原則として国民年金又は厚生年金等に加入している間であること。
受給要件
受給要件②
障害認定日(障害の程度を定める日のことで、初診日から1年6か月を経過した日。
その期間内に症状が固定した日)以降に、障害等級が1級から3級の障害状態に該当していること。
受給要件
受給要件③
①初診日の前々月までの年金加入期間のうち、3分の2以上保険料を収めているか免除されていること。
②2016年3月までは、初診日前1年間に保険料未納がないことが問われます。※①か②のどちらか
 20歳前の病気やケガによる障害にも支給されます。
 障害認定日以後に20歳になったとき、または20歳になったときに
 障害者等級表で決められている障害の状態になっていれば、その翌月分から障害基礎年金が支給されます。
受給要件
受給資格
対象となる障害の状態は細かく決められていますが、
「障害等級表」から一部を記します。
1級
1級障害は、日常生活を行うのに他人の助けを受けなければほとんどできない。
◎両眼の視力の和が0.04以下のもの
◎両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
◎両上肢の機能に著しい障害を有するもの
◎両上肢のすべての指を欠くもの
◎両下肢を足関節以上で欠くもの
2級
2級障害は、日常生活がきわめて困難で、働くことは無理な状態。
◎両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
◎両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
◎平衡機能に著しい障害を有するもの
◎そしゃくの機能を欠くもの
◎音声または言語機能に著しい障害を有するもの
3級
3級障害は、仕事をする事が制限されてしまったり、仕事に制限を加える必要があるような状態です。
障害は身体的障害及び精神的障害に適用されます。
◎両眼の視力が0.1以下に減じたもの
◎そしゃくまたは言語の機能に相当程度の障害を残すもの
◎1上肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
◎1下肢をリスフラン関節以上で失ったもの
◎両下肢の10踵の用を廃したもの
年金受給までのながれ
障害年金受け取りまでの一般的な流れを示します。
年金受給までの流れ
PAGE TOP
お問い合わせはお気軽に 5つの理由 お客様の声
ブログ 障害年金の申請相談窓口コノヒカラ
Copyrightc 牧野亜希子社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.