2017年9月15日
「命」の授業 

朝晩すっかりと秋らしくなってきましたね。

暑かった夏が懐かしくすら感じる今日この頃です。

さて、昨日、(公社)木更津法人会主催の記念事業で

ゴルゴ松本氏講演会「命」の授業を傾聴してきました。

ゴルゴ松本さんは、身体で漢字を表現するのが有名ですが、

講演会では、歴史や漢字の由来などを熱く語ってくださいました。

ゴルゴさんの魂に心を動かされ、講演会終了後は、感銘して胸がいっぱいでした。

私的には特に印象深かったのは、

「吐く」という漢字は、口偏に+-

ネガティブなことは口にせず、ポジティブなことを口にすれば

-(マイナス)は無くなり、「叶う」になる。

「命」という漢字は、人が一叩くと書く。

心臓の一叩き一叩きが命なんだ。

等でした。

講演会での内容は、今後の生活において為になることだらけでした。

ご縁があり、参加できたことに感謝でいっぱいです。

命の授業 ゴルゴ松本

 

 

2017年7月25日
歯が白くなりました!!

毎日暑い日が続いていますね。
皆さん体調は崩されていませんか?

さて、本日のタイトルでもある「歯」ですが、、、
昨年10月より、歯医者さんに通院しています。
きっかけは、昔の虫歯あとが痛み始め、物もかめなくなってしまったから。
過去にも、 数年に1度痛みが発生すると、その都度あちこちの歯医者さんを転々とする、いわゆる「歯科難民」で、予防とか、審美的なものにはうとかったので、

歯医者さん=虫歯治療 と決め込んでおり、

便利な場所とか、口コミとかで都度選択換え。今回も、同じような理由で、買い物途中に便利だからといった安易な考えで、決めました。

しかし、今回通院した某歯科医院に関しては、待合室の壁に貼ってある審美歯科の内容や、夜間マウスピース等々、私の知り得なかった情報が満載で、私の歯医者さんイメージががらっと変わったんですよ~

親切丁寧に説明をしてくれるドクターにも感激しました。
なので、今回は、虫歯治療はもちろんのこと過去の治療跡(銀歯)を全てセラミックに変えてもらったり、

ずっと気になっていた前歯の矯正などを治療してもらい、今や大口を開けて笑っても私の口の中は銀色の光がいっさいありません(^^)/
私はお酒を飲むと、笑い上戸になるので、これで人前でも気にせず笑える。
そして、何よりも嬉しいのが、歯科難民から脱却できたこと☆
これからは、定期的にメンテナンスに通い、最後まで自分の歯で食事ができるよう

予防したいと思います。

 

最近の記事

リンク集


障害年金の申請相談窓口コノヒカラ
Copyright© 牧野亜希子社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.